通勤総研 通勤総研

通勤総研は、通勤者に 「時間と決済」をテーマにした調査を実施しました。 多様化の進む通勤時の決済方法が、日々の通勤時間に どのような影響をあたえるのかについて検証してみました。

みんなの通勤時間の過ごし方 首都圏の通勤者 みんなの通勤時間の過ごし方 首都圏の通勤者

首都圏の通勤者の平均通勤時間は 58.8分、 通勤距離は25.8km、平均通勤時速は26.3km/h

79.4%以上の人が通勤時間をもっと効率的に使いたいと考えている。

通勤時の定期券利用と決済の実態 通勤時の移動決済方法割合 通勤時の定期券利用と決済の実態 通勤時の移動決済方法割合

その他 現金 磁気定期券4.1% モバイル 定期券10.8% ICカード 定期券85.1% その他 現金 磁気定期券4.1% モバイル 定期券10.8% ICカード 定期券85.1%

通勤時に使用しているのは 1位:ICカード定期券85.1%
2位:モバイル定期券10.8%
3位:その他(現金、磁気定期券4.1%) 85%近くがIC定期券を利用

定期代の一ヶ月平均は15,170円
電車通勤の更新タイミングは6ヶ月に1回が最多(68.3%)

調査リリースはこちら(PDF)
調査第一弾
調査対象:20~50代/一都三県在住/日常的に電車通勤をする有職者/男女800名 調査方法:インターネットアンケート調査 調査期間:2017年10月24日~10月27日
pagetop pagetop